太閤街道殺人事件
 ←前        東寺1        次→ 

午後7時前、岩田はホテルの3階にある大広間・蒼天の間へ向かった。

受付で会費を支払い、会場の蒼天の間に入った。
既に、会場は人でいっぱいとなり、熱気にあふれていた。
      
「圭子ちゃん!」
岩田が壇上近くのテーブルにいる、Qnewニュースの記者・山口圭子を見つけた。

「阿倍野の御隠居様、ご無沙汰しています」
岩田に気づいた山口圭子が笑いながら、そう挨拶した。

「ほんと。22時間ぶりだね。約束どおり、木下藤吉郎社長を紹介してもらおうかな」
 
「ただし、刑事だったことは内緒だよ」
岩田も笑いながら、小さな声でささやいた。

「はい、はい。わかりました」
山口圭子が、うれしそうに応えた。
      
午後7時ちょうど、司会者が壇上に上がり、パーティが始まった。
しばらくすると、木下藤吉郎が加美室長を伴い、岩田の近くに現れた。

「木下藤吉郎社長」
山口圭子が呼び停めた。
木下藤吉郎と加美室長が、山口圭子の側にやって来た。

「こちら、阿倍野データニュースの岩田さんです。岩田さんは昨日の…」
山口圭子が岩田を2人に紹介した。
      
「昨日はありがとうございました。阿倍野の岩田さんですね」
山口圭子の言葉をさえぎり、木下藤吉郎が岩田に声を掛けた。

「はい。阿倍野の岩田です。昨日の講演は感銘いたしました」

「岩田さんのおかげです。急な質問に見事な対応でした」
      
「そう言われると、照れますな」
岩田がそう応えた。

 
 ←前        東寺1        次→ 

風景
春の京都・祇園白川
風景
春の京都・ねねの道
    Qnewニュースプレゼンツ