くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
為替相場2022

2022年最初の取り引きとなった1月4日は、アメリカの経済回復に因り、世界的な「ドル高」の流れとなっていることを受け、円安が進み、1ドル115円台での取り引きとなりました。
   
2月24日にロシア軍がウクライナへ侵攻し、ウクライナ各地で激しい戦闘が始まると、市場は「有事のドル買い」になり、さらに円安が進みました。
   
3月11日に1ドル116円台、3月14日には1ドル117円台、3月16日に1ドル118円台、3月22日には1ドル120円台、3月23日に121円台となりました。
   
4月に入っても円安の流れが続き、4月8日に1ドル124円台、4月11日に125円台、4月13日には126円台、4月19日に128円台、4月28日に1ドル130円台となりました。
  
5月上旬も円安の流れとなり、5月9日には1ドル131円台となりました。その後は1ドル130円前後の取引が続いています。
   

*為替レートは日本銀行発表

  
過去の為替相場
   
為替相場2021

為替相場2020

為替相場2019

為替相場2018
   
風景
    ページのトップへ