紅葉・見頃情報         もみじ
    ホーム     旅・観光情報
【目次】
1、京都の紅葉・概況
2、高雄・大原・貴船の紅葉情報
3、嵐山・嵯峨野の紅葉情報
4、東山の紅葉情報
5、洛北の紅葉情報
6、長岡京の紅葉情報
7、京都・紅葉観光の注意
8、2018年の人気傾向
 
*京都の名所情報は、紅葉の名所リンク集へ。
*全国(京都以外)の紅葉見頃情報は、紅葉・見頃情報(全国)へ。
 京都の紅葉・概況
                       
<最新情報>
見頃過ぎとなりました。
        
<2018年の状況>
山間部では、10月20日頃からの冷え込みで、色づき始めとなり、11月6日頃から早い名所は見頃となりました。
  
東山や洛北の名所は、10月末から色づき始めとなり、早い名所は11月15日頃から見頃を迎えました。
嵐山地区は、11月1日頃から色づき始めとなりました。
   
11月上旬の気温が平年より2℃高く、11月中旬も平年より1.5℃高くなり、色づきの進みがゆっくりとなりましたが、11月18日頃から東山、洛北、嵐山の早い名所が見頃となりました。
 
全体的な見頃は、11月末まで続きました。
    
2018年は、9月の長雨と11月の気温高めの影響で、色合い(発色)が今ひとつでした。
また、色づきが揃っていない名所が多数となりました。10月以降、強い冷え込みがなかったため、バラバラに紅葉のスイッチが入った影響と見られます。
このため、長く見頃が続きましたが、ピークは短くなりました。
       
<京都の紅葉・概要>
・平年の京都紅葉(かえで)は、高雄、大原、貴船などの山間部では11月上旬から中旬に、嵐山、東山、洛北は11月中旬から下旬に見頃を迎えます。
      
・色づきの早い年と遅い年とでは、2週間前後、見頃の時期がズレます。
たとえば、嵐山地区では、早い年は11月15日頃に見頃のピークを迎えますが、遅い年は12月初めにピークとなります。
        
・色づきが始まってからの気温や雨、強風により、比較的長く(10日以上)見頃が続く年と、桜並の短い(5日程度)見頃となる年もあります。
また、秋の気温が高くなったり、長雨が続くと色づきが悪く、赤くならない年もあります。
 高雄・大原・貴船の紅葉情報
                       
・見頃過ぎ
10月22日頃から色づき始めとなり、早い名所は11月6日頃から見頃を迎えました。
気温高めの影響で、長く見頃が続きましたが、11月25日頃から見頃終わりとなりました。
    
*昨年2017年は10月16日頃から色づき始め、11月6日以降、続々と見頃を迎え、見頃は11月20日過ぎまで続きました。
     
【主な名所】
<神護寺>
■見頃過ぎ
10月22日頃に色づき始めとなり、11月6日頃に見頃(5分の色づき)となり、見頃は11月27日頃まで続きました。

*今年から夜のライトアップは行われません
*昨年2017年の見頃は、11月6日頃~11月23日頃。見頃のピークは11月10日~11月18日でした
 嵐山・嵯峨野の紅葉情報
                       
・見頃過ぎ
11月1日頃から全体的に色づき始めとなり、早い名所は11月17日頃から、全体的には19日頃から見頃となりました。
     
早い名所は11月末で見頃終わりとなりましたが、遅い名所は12月上旬まで見頃が続く見込みです。
   
*昨年2017年は、早い名所では10月24日頃から色づき始めになり、早い名所は11月10日頃から見頃を迎えました。
嵐山全体的には、11月15日頃から見頃となり、11月末頃まで見頃が続きました。

【主な名所】
<宝厳院>
■見頃過ぎ
11月1日頃から色づき始めとなり、11月24日頃に見頃(5分の色づき)を迎え、11月26日頃からピークを迎えました。
ピークは12月2日頃まで続き、見頃は12月5日まで続きました。
 
平年は11月23日頃から見頃のピークとなりますが、早い年は11月20日頃から、遅い年は11月末からピークを迎えます。
       
*昨年2017年は、11月13日に見頃となり、11月19日頃に見頃のピークを迎えました。11月末までピークが続き、12月初めまで見頃が続きました

<祇王寺>
■見頃過ぎ
11月3日頃から色づき始めとなり、11月18日頃から見頃を迎え、19日頃からピークになりました。
ピークは25日頃まで続き、見頃は11月末まで続きました。
          
*昨年2017年は11月15日に見頃を迎え、11月16日に見頃のピークとなりました。11月25日頃まで見頃のピークが続き、11月末まで見頃が続きました。
         
<常寂光寺>
■見頃過ぎ
11月1日頃から色づき始めとなり、11月19日頃から見頃(5分の色づき)を迎え、11月23日頃からピークを迎えました。
ピークは11月末頃まで続き、見頃は12月3日頃まで続きました。
   
*昨年2017年は、11月13日に見頃を迎え、11月17日に見頃のピークとなりました。11月26日までピークが続き、11月末で見頃終わりとなりました
 東山・山科の紅葉情報
                       
・見頃過ぎ
10月28日頃から色づき始め、早い名所は11月15日頃から、全体的には11月18日頃から見頃となり、11月末まで見頃が続きました。
       
*昨年2017年は、10月24日頃から全体的に色づき始めとなり、早い名所は11月10日頃から見頃を迎えました。
11月15日前後からピークに入り、ピークは11月26日頃まで続き、見頃は11月末頃まで続きました。

【主な名所】
<永観堂>
■見頃過ぎ
10月28日頃から色づき始め、11月15日に見頃(5分の色づき)となり、20日頃からピークを迎えました。
ピークは11月末まで続き、見頃は12月初め頃まで続きました。
    
*昨年2017年は11月10日頃から見頃となり、11月12日に見頃のピークを迎え、見頃のピークは11月26日頃まで続きました。見頃は11月末まで続きました(平年より5日早い)

<東福寺>
■見頃過ぎ
11月1日頃から色づき始め、11月17日に見頃(色づき5分)を迎え、21日頃からピークを迎えました。
ピークは11月26日頃まで続き、見頃は12月5日頃まで続きました。
       
*昨年2017年は11月11日頃から見頃となり、11月18日から見頃のピークを迎えました。見頃のピークは11月26日頃まで続き、11月末で見頃終わりとなりました(平年より4日早い)。
 洛北の紅葉情報
                       
・見頃過ぎ
10月30日頃から色づき始め、早い名所は11月15日頃から、全体的には11月18日頃から見頃となり、12月初め頃まで見頃が続きました。
       
*昨年2017年は、早い名所は11月10日頃から、全体的には11月15日頃から見頃を迎えました。
見頃のピークは、11月15日頃から11月25日頃まで続き、11月末で見頃終わりとなりました(平年より3日早い)。

【主な名所】
<圓光寺>
■見頃過ぎ
10月30日頃から色づき始め、11月19日頃から見頃となり、21日頃からピークとなり、ピークは11月末まで続きました。
見頃は、12月初め頃まで続きました。
       
*昨年2017年は、11月12日頃から見頃となり、11月16日に見頃のピークを迎えました。ピークは11月25日頃まで続き、11月29日に見頃終わりとなりました(平年より3日早い)。
      
<蓮華寺>
■見頃過ぎ
10月30日頃から色づき始め、11月18日頃から見頃となり、11月19日からピークを迎えました。
ピークは11月25日頃まで続き、見頃は12月初め頃まで続きました。

*昨年2017年は11月16日頃に見頃となり、11月18日、見頃のピークを迎え、11月26日頃までピークが続きました。見頃は11月末まで続きました
 長岡京の紅葉情報
                       
・見頃過ぎ

【主な名所】
<光明寺>
■見頃過ぎ
11月10日頃から色づき始めとなり、11月24日頃に見頃(色づき5分)を迎え、12月1日から見頃のピークとなりました。
ピークは12月4日頃まで続き、見頃は5日まで続きました。
     
京都を代表する紅葉名所では、もっとも見頃時期が遅い名所です。
平年は11月25日頃から12月初めに見頃のピークを迎えます。
       
*昨年2017年は、11月19日頃に見頃を迎え、11月23日頃から見頃のピークとなりました。
ピークは12月初め頃まで続き、見頃は12月6日頃まで続きました
 京都・紅葉観光の注意
                       
<電車と徒歩での移動を>
・紅葉シーズンは、京都がもっとも混雑する時期です。
名所周辺では渋滞がひどく、車での移動(バスを含む)は、時間の計算ができません。
電車と徒歩による移動をお推めします。

<トイレは駅周辺で>
・各名所にトイレはありますが、この時期は人が多いため、トイレの前に長い行列ができます。
とくにツアーバスが横付けできる名所は、女子トイレに長い行列が出来、30分待ちになるところも。
駅周辺でトイレを済ませたあと、名所に向かうことをお推めします。

<歩きやすいお履き物を>
・紅葉名所は、山の中腹や裾野に位置しているところが多く、坂道や石段を歩くことになります。
歩きやすいお履き物を。

<三年坂を使わないルートを>
・三年坂(清水寺への参詣道、東山)が混雑します。
清水寺へは茶わん坂を登り、参拝後も茶わん坂から下りてくるルートをお推めします。
         
*2017年から清水寺・本堂の改修が始まり、観光客が減少し、三年坂の混雑も少し緩和しています。改修は2021年までの予定です。

<撮影には注意を>
・カメラでの撮影を禁止している名所も多数あります。
各名所の入り口に、その趣旨(注意)を掲載していますが、多すぎる人に流されて見落とすことも。
ご注意を。
        
なお、三脚については、禁止している名所が多数です。三脚は使えないと考えてください。
 2018年の傾向
                       
<JR東海>
「そうだ 京都、行こう」のCMに取り上げられた名所は、例年より多くの観光客が訪れます。
3年前後、その効果が持続するともいわれ、また、CM以降、人気が続いている名所もあります。
       
2018年秋のキャンペーン地は、京田辺市の酬恩庵・一休寺(その名のとおり一休さんゆかりのお寺です)。
2017年秋は東寺、2016年秋は天龍寺、2015年秋は、北野天満宮・もみじ苑も、引き続き、人気となりそうです。

<大型バス>
年々、大型バス(ツアーバスなど)で訪れる観光客が増えています。
京都は狭い道が多く、大型バスでの観光は訪れる名所が限定されます。
     
こういう名所は、見頃の状況に関わらず、大変混雑します。
具体的には、東福寺、清水寺、南禅寺、嵐山渡月橋近くの名所など、です。

<2018年のピーク>
2018年の人出のピークは、11月17日(土曜日)、18日(日曜日)となる見込みです。
京都がもっとも混雑する日です。
       
また、11月23日(祝日)、11月24日(土曜日)、25日(日曜日)の3連休も、大変な混雑となる見込みです。


 ・ 紅葉・見頃情報(全国)
 ・ 紅葉の名所リンク集
紅葉
永観堂

【紅葉の気象条件】
一般的に、紅葉は、最低気温が8℃以下になると進みます。
さらに、4℃以下となると、急激に色づきが進みます。
紅葉には、最低気温が一番大きな影響を及ぼしますが、それ以外に最高気温や湿度、日照時間も関係します。
【注意】
見頃の時期は、気温の推移により変わってきます。
また、強風、大雨、降雪などにより、一夜にして落葉することもあります。
最新の情報でご確認を。
紅葉
祇王寺
紅葉
祇王寺
紅葉
嵐山・嵯峨野
紅葉
嵐山・嵯峨野
嵐山
嵐山
紅葉
永観堂
紅葉
東福寺
紅葉
光明寺:©Blue Wind
    ページのトップへ