桜の名所・見頃情報
    ホーム     旅・観光情報
【桜の名所・2018見頃情報・目次】
概況
桜開花予想と生理
<日本を代表する名所>
1、弘前公園(青森県弘前市)
2、哲学の道(京都市)
3、一本桜(岩手県雫石町)
4、角館(秋田県仙北市)
5、舟川(富山県朝日町)
6、高遠城址公園(長野県伊那市)
7、吉野山(奈良県)
8、祇園白川(京都市)
9、高田公園(新潟県上越市)
10、三多気の桜(三重県津市)
        
<その地の名所>
盛岡石割ザクラ(盛岡市)
市立公園展勝地(岩手県北上市)
三春滝桜(福島県三春町)
千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)
山高神代桜(山梨県北杜市)
根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)
造幣局の桜の通り抜け(大阪市)
錦帯橋(山口県岩国市)
 概況
                       
<2018開花情報>
8月10日、気象庁がエルニーニョ監視速報で、現在、エルニーニョ現象も、ラニーニャ現象も発生していない、平常の状態が続いていると発表しました。
     
今後の見通しについては、冬にかけて、平常の状態が続く可能性が高いと判断しました。
     
このため、今後、平年並の気温が続く可能性が高いと予想。
2018年の桜については、平年並の開花となる予想です。
           
<最新情報>
・現在、2018年の春に咲く、花芽が出来ています。
            
<今後の状況>
9月以降、花芽は、短日低温を受け、休眠に入ります。
     
2018年1月~2月頃に、花芽は休眠から目覚め(休眠打破)、その後、再び生長を始め、2018年3月~5月に開花します。
 2018開花予想
                       
<2018年の開花予想>
■九州、高知など(休眠打破の早晩が開花の早晩を決める地域)は、桜の開花は平年並。
         
■中国、四国(高知を除く)、近畿、東日本(休眠打破の早晩と2月以降の気温が開花を決める地域)も、平年並。
          
■北日本、長野(3月以降の気温の推移が開花を決める地域)も、平年並の見込みです。
         
*予想は2017年7月27日現在。
*今後の気象条件が変化すれば、開花予想も変更されます。また、随時、予測計算を行っていく予定です
     
<桜の開花まで>
1、桜の花芽は、前年の夏に出来ます。
2、秋になると、花芽は、短日・低温を受け、休眠に入ります。
*休眠…活動を止め、成長を停止すること
      
3、休眠に入った花芽は、一定期間、低温にさらされると、この休眠から目覚めます(休眠打破)。
4、花芽は休眠から覚めたあと、気温が高くなると成長を始め、そして、開花します。
 弘前公園(青森県弘前市)
                       
・つぼみ(9月5日)
    
*満開は平均3日間続き、その後3日間は花吹雪と花筏が見られます

<桜の名所・弘前公園とは>
弘前公園は、青森県弘前市の中心部に位置する、市の公園です。
正式名称は、鷹揚園(おうようえん)ですが、一般的には弘前公園と呼ばれています。
敷地面積は約50ha。
         
津軽家の居城であった弘前城が、明治時代に弘前公園として、一般開放されたもの。
そのため、公園内には天守、櫓3棟、城門5棟(いずれも国の重要文化財)や濠などが残る史跡です。
      
日本を代表する桜の名所です。
桜は、江戸時代、弘前藩士が京都から苗木を取り寄せ、植えたのが始まり。
明治以後、市民が続々とソメイヨシノを植栽。
大正時代には、日本有数の桜の名所となりました。
       
現在では、公園内の桜は約2600本。
その中には、樹齢130年を超える日本最古のソメイヨシノを始め、樹齢100年を超えるソメイヨシノが、300本以上咲き誇ります。
例年、桜が開花する4月24日から5月初めにかけて、弘前さくらまつりが開催され、250万人前後が訪れます。
       
なお、公園内の本丸・北の郭と弘前城植物園は有料です。
*本丸・北の郭の入園料…大人310円など
       
<平年の見頃時期>
■4月下旬~5月上旬

<前年の場合>
2017年は、平年より5日早く4月18日に開花し、4月25日に満開を迎え、4月28日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■青森県弘前市下白銀町
・JR弘前駅より徒歩約25分。
・JR弘前駅前から100円循環バスに乗車、市役所前下車。
 哲学の道(京都市)
                       
・つぼみ(9月5日)
   
*ソメイヨシノが主体の桜名所で、例年、京都の標本木より3日遅い。

<桜の名所・哲学の道とは>
京都市左京区の若王子神社から銀閣寺までの、疏水に沿った小道、約2キロ。
京都大学教授であった西田幾多郎(哲学者、京都学派の創始者)氏が、よく散策していたことから、この名が付けられました。
        
この疏水に沿った小道は、春には約400本の桜が咲き誇る名所となっています。
    
<平年の見頃時期>
■4月上旬
*気象庁が発表する桜(京都の基準となる標本木)の開花・満開より3日程度遅れます

<前年の場合>
2017年は、4月3日にソメイヨシノが開花し、4月8日に満開となり、4月13日頃まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■京都市左京区
・JR京都駅から市営バスで、永観堂前下車。
 一本桜(岩手県雫石町)
                       
・つぼみ(9月5日)

<一本桜>
小岩井農場の樹齢100年を超える桜(エドヒガン)。
岩手山をバックに、一本の巨木が咲き誇っている姿は、日本を代表する桜の景観です。
       
<平年の見頃時期>
■5月上旬~5月中旬
*盛岡市のソメイヨシノより、約2週間遅い

<前年の場合>
小岩井牧場によると、2017年は、5月1日に開花し、5月5日に見頃を迎えましたが、5月6日の雨と強風で一気に散り、5月7日で見頃終わりとなりました

<場所・アクセス>
■岩手県雫石町丸谷地36-1
・JR盛岡駅から、バスで35分(小岩井農場まきば園行き、あるいは網張温泉行き)。
 角館(秋田)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・角館とは>
角館は、江戸時代、芦名氏、佐竹北家の城下町として栄えました。
現在も、武家屋敷など当時の町並みが残り、みちのくの小京都と呼ばれています。
春には450本のシダレザクラの大木が咲き誇り、日本情緒豊かな桜の名所となっています。
450本のうち162本は、国の天然記念物の桜です。
       
なお、シダレザクラは、320年前、佐竹家に京都三条西家のお姫様が嫁入りしたとき、一緒に京都から持ち込まれた3本の桜の苗木が元になっています。
桜のシーズンには、桜まつりが開催され、ライトアップやさまざまなイベントが行われます。
       
<平年の見頃時期>
■4月下旬~5月初旬
*秋田市のソメイヨシノと比べ、約1週間遅い

<前年の場合>
2017年は、4月19日にシダレザクラが開花し、4月25日に満開を迎えました。
満開は4月28日まで続きました。

<場所・アクセス>
■秋田県仙北市角館町
・秋田新幹線角館駅から北西に徒歩20分。
*駅から武家屋敷通りまで約1.5km
 舟川(富山県朝日町)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・舟川とは>
正確には、舟川べり桜並木と呼ばれている名所。
舟川沿いのソメイヨシノ280本の桜並木で、そのバックには雪の被った北アルプスの山々がそびえ立っています。
非常に景観の素晴らしい桜名所。
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬
*富山市のソメイヨシノと比べ、約3日遅い

<前年の場合>
2017年は4月6日に開花し、4月10日に見頃(7分咲き)、4月11日に満開となり、4月16日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■富山県朝日町舟川新
・あいの風とやま鉄道・泊駅から車で10分。
*桜のシーズンは、臨時バスが泊駅から運行されています
 高遠城址公園(長野)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・高遠城址公園とは>
長野県伊那市高遠町東高遠にある高遠城の城跡を整備した公園。
約1500本のタカトオコヒガンザクラ(ソメイヨシノより小ぶりで赤みのある桜)が植えられ、日本を代表する桜名所のひとつ。
■入園料…大人500円他
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬

<前年の場合>
2017年は、4月10日に開花し、4月18日に満開を迎え、満開は4月23日まで続きました。

<場所・アクセス>
■長野県伊那市高遠町東高遠
・飯田線「伊那市駅」からバスで高遠駅下車、徒歩15分。
 吉野山(奈良)
                       
・つぼみ(9月5日)
    
*一般的には、中千本と上千本が見頃を迎えた時が、見頃のピークです

<桜の名所・吉野山とは>
吉野山は、奈良県吉野町にある山稜の総称。
平安時代からの桜の名所で、4月上旬から中旬にかけて、3万本の白山桜(シロヤマザクラ)が咲き誇ります。
桜の名所は、麓から下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれています。
       
一般的には、中千本と上千本の満開時が、一番の見頃とされています。
特に「花矢倉展望台からの眺め」と「吉水神社からの眺め」が素晴らしい。
  
・下千本…近鉄吉野駅~七曲坂。
・中千本…五郎兵衛茶屋~如意輪寺。
・上千本…火の見櫓~花矢倉。
・奥千本…吉野水分神社~金峯神社と、苔清水、西行庵付近。
       
<平年の見頃時期>
■4月上旬~4月下旬

<前年の場合>
2017年の下千本は、4月6日に開花し、12日に満開となり、満開は16日まで続きました。
中千本は、4月7日に開花し、14日に満開となり、17日まで満開が続きました。
上千本は、4月10日に開花し、16日に満開となり、17日まで満開が続きました。
奥千本は、4月16日に開花、4月21日に満開となり、26日まで見頃が続きました。

<場所・アクセス>
■奈良県吉野町
・近鉄吉野線「吉野駅」下車、吉野ロープウェイで「吉野山駅」に。
*吉野駅から吉野山駅まで徒歩の場合は、約30分掛かります
 祇園白川(京都)
                       
・つぼみ(9月5日)
     
*桜はソメイヨシノとしだれ桜が中心のため、しだれ桜とソメイヨシノがともに見頃となっている時期がベスト

<桜の名所・祇園白川とは>
祇園白川は、京都市東山区の白川南通沿い地域で、古い町家や料亭が建ち並らぶ茶屋町。
街中に白川(小さな小川)が流れ、石畳の道が続き、芸妓や舞妓さんが通うお茶屋が立ち並び、情緒のある街並みとなっています。
国の重要伝統的建造物群保存地区。
       
この白川沿いに桜が植えられており、京都を代表する桜の名所になっています。
桜は43本(ソメイヨシノ32本、しだれ桜7本、山桜3本、里桜1本)で、3月下旬から4月上旬にかけ、見頃を迎えます。
       
<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月上旬

<前年の場合>
2017年の祇園白川のしだれ桜は、3月29日に開花し、4月2日から見頃を迎え、4月9日頃まで見頃を続きました。
ソメイヨシノは、3月30日開花し、4月5日に満開を迎え、4月9日頃まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■京都市東山区の白川南通沿い
(祇園新橋周辺。縄手通の東側、新橋通と白川に面する辺り)
      
・京阪電車「京阪四条駅」から北東に徒歩3分。
・阪急電鉄「河原町駅」から徒歩5分。
・JR京都駅からはバス。
 高田公園(新潟)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・高田公園とは>
高田城の城跡公園で、4千本のソメイヨシノが咲き誇ります。
また、3千個以上のボンボリでライトアップされる夜桜の名所です。
       
<平年の見頃時期>
■4月上旬~4月中旬

<前年の場合>
2017年は、4月6日頃に開花し、4月10日に満開を迎え、14日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■新潟県上越市本城町
・JR上越妙高駅から車で15分
*桜のシーズンには、駅からシャトルバスが運行されます
 三多気の桜(三重)
                       
・つぼみ(9月5日)

<三多気の桜とは>
三重県津市美杉町三多気の桜の名所。
真言宗・真福院の参道約1500mに、約500本の山桜が咲き誇ります。
棚田に映る山桜の景観で有名。
美しい山村の風景の中に桜が咲き誇る、日本を代表する山桜の名所です。
      
玄関となる「杉並集落」が標高450m、ゴールとなる「真福院」が標高550mで、参道の場所により見頃の時期が異なります。
一般的には、「茅葺き屋根付近」が見頃を迎えたときが、見頃のピーク。
シーズンには桜まつりが行われ、大勢の見物客(2万人)で賑わいます。
名古屋や関西地区から、多数のツアーが組まれています。
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬

<前年の場合>
2017年は、4月10日頃に山桜が開花し、標高の低いところは14日頃から満開を迎え、18日頃まで満開が続きました。
茅葺き屋根付近は、17日頃に満開を迎え、18日頃まで満開が続きました。
       
*17日~18日の大荒れ(暴風と雨)の天気により、見頃の短い年となりました

<場所・アクセス>
■三重県津市美杉町三多気
・JR伊勢奥津駅からバス、「杉平」下車。
・近鉄名張駅からバス、「杉平」下車。
*平日は朝夕1便だけ。桜のシーズンは臨時便も出ています
     
■車の場合
・伊勢自動車道・久居インターから、車で約60分。
・名阪国道・上野インターから、車で約70分。
*駐車場はありますが混雑します。また、桜の開花中は交通規制があります
 盛岡石割ザクラ(盛岡市)
                       
・つぼみ(9月5日)

<盛岡石割ザクラとは>
石割桜(いしわりざくら)は、巨大な花崗岩の割れ目に生えている樹齢350年を超えるエドヒガンザクラ。
盛岡地方裁判所構内(盛岡市)にあり、国の天然記念物。
      
<平年の見頃時期>
■4月中旬
*盛岡市のソメイヨシノ開花と同じか1日、2日早い

<前年の場合>
2017年は4月11日に開花し、20日に満開となり、25日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■岩手県盛岡市・盛岡地方裁判所構内
・JR盛岡駅から徒歩約20分。
 市立公園展勝地(岩手県北上市)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・市立公園展勝地とは>
岩手県北上市の北上川河畔約2kmに及ぶ桜並木。
東北を代表する桜の名所のひとつで、弘前公園(青森県)、角館(秋田県)とともに、みちのく三大桜名所。
        
桜はソメイヨシノが中心で、4月中旬から5月上旬にかけ、さくらまつりが開催され、多数のイベントが行われます。
見頃の時期には、桜並木のライトアップ(18時~21時)も行われます。
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬~5月初旬

<前年の場合>
2017年は4月17日に桜並木のソメイヨシノが開花し、4月24日に満開となり、満開は4月28日まで続きました。

<場所・アクセス>
■岩手県北上市
・JR北上駅から徒歩20分。
*北上展勝地は、JR北上駅から北上川を渡った向こう側(東側)に位置します。
*JR北上駅近くの舟着場から渡し船(大人350円)で、北上展勝地へ渡ることも出来ます。
 三春滝桜(福島県三春町)
                       
・つぼみ(9月5日)

<三春滝桜とは>
福島県三春町に所在する、樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ。
国の天然記念物で、日本三大桜の一つ。
         
樹高12m、枝張り東西に22m、南北18m。
例年4月中旬に見頃を迎え、薄紅の花が流れ落ちる滝のように咲き誇ります。
■観桜料…一人300円
      
<平年の見頃時期>
■4月中旬~下旬

<前年の場合>
2017年は4月14日に開花し、4月18日に満開を迎え、4月23日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地
・JR磐越東線・三春駅から約8km。
*観桜期には、駅から有料シャトルバスが運行されます
 千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)
                       
・つぼみ(9月5日)
   
*千鳥ヶ淵緑道は、混雑時には入場制限がかかる場合もあります
*千鳥ヶ淵緑道内には、売店・露店・レストランはありません

<桜の名所・千鳥ヶ淵緑道とは>
東京都千代田区にある皇居西側の千鳥ヶ淵に沿う全長約700mの遊歩道。
(千鳥ヶ淵戦没者墓苑入口から靖国通りまで)
         
春にはソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜が咲き誇り、隣接する靖国神社とともに東京を代表する桜の名所。
見頃の時期には、夜間ライトアップも行われます。
       
<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月上旬
*東京のソメイヨシノの開花とほぼ同じ時期です

<前年の場合>
2017年は3月21日に開花し、4月4日に満開を迎え、4月9日頃まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■東京都千代田区(九段南2丁目から三番町先)
・地下鉄「九段下駅」、あるいは「半蔵門駅」から徒歩5分
*期間中、九段下駅は非常に混雑します。半蔵門駅からのほうが比較的空いています
 山高神代桜(山梨県北杜市)
                       
・つぼみ(9月5日)
       
*樹齢2千年を超える桜で、見頃の期間が長い桜です。ソメイヨシノより先に見頃を迎え、ソメイヨシノが散ったあとも見頃が続いています

<山高神代桜とは>
山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラ。
樹齢1800年とも2000年ともいわれ、国指定の天然記念物である。
樹高10.3m、幹周り11.8mで、日本最古で最大級の巨木。
         
神話の武将・日本武尊が東征の折に植えたといわれ、これが名前の由来となっている。
三春滝桜(福島県三春町)、根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)とともに、日本三大桜の一つ。
      
<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月中旬
*ソメイヨシノより先に見頃となり、ソメイヨシノが散ったあとも咲いている、見頃の期間が長い桜です

<前年の場合>
実相寺によると、2017年は4月4日に開花し、4月8日に満開となり、4月17日頃まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■山梨県北杜市武川町山高
・中央本線・JR日野春駅から西に約3km。
*駅からタクシーで15分、約2000円
       
・JR韮崎駅から山交タウンコーチ・下教来石行きに乗車、牧の原で下車、徒歩30分。
 根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)
                       
・つぼみ(9月5日)

<根尾谷淡墨桜とは>
岐阜県本巣市の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラ。
淡墨桜の花は、蕾のときは薄いピンク、満開時は白色、散りぎわには淡墨色となります。
淡墨桜の名は、散りぎわの花びらの色に因みます。
        
樹高16.3m、幹囲9.9m。
三春滝桜(福島県三春町)、山高神代桜(山梨県北杜市)とともに、日本三大桜の一つ。
       
<平年の見頃時期>
■4月上旬~中旬

<前年の場合>
2017年は、4月4日に開花し、4月11日に満開を迎え、4月16日まで満開が続きました。
4月17日から散り始めとなり、17日午後からの暴風で一気に散りました。

<場所・アクセス>
■岐阜県本巣市根尾
・大垣駅で樽見鉄道に乗車。終点・樽見駅で下車、徒歩15分。
*樽見鉄道で約1時間。運行本数が少ないので注意を
 造幣局の桜の通り抜け(大阪市)
                       
・つぼみ(9月5日)

<造幣局の桜の通り抜けとは>
毎年4月中旬の1週間、大阪の造幣局(北区天満)で開催される花見。
造幣局の敷地は、江戸時代、藤堂藩の大阪蔵屋敷が、里桜を育成していた場所。
     
明治に造幣局が造られたとき、この里桜を受け継いだと言われています。
明治16年、時の局長が、「局員だけの花見ではもったいない。市民とともに楽しもうではないか」と一般開放。
以後、毎年4月中旬の一週間、造幣局構内・全長560mの通路が花見のために開放されている。
       
なお、通り抜けは、造幣局南門(天満橋側)から、北門(桜宮橋側)への一方通行。
この一方通行のため、「通り抜け」という名称が付きました。
桜は、遅咲きの八重桜が多い。
2017年3月現在、約134品種350本。
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬
*造幣局は里桜(八重桜)の名所です。ソメイヨシノが散り始めた頃に開花します

<前年の場合>
2017年の通り抜けは、4月11日~4月17日でした。
初日の4月11日は3分咲き、4月16日に満開を迎え、最終日の17日まで満開が続きました。

<場所・アクセス>
■大阪市北区天満
・地下鉄谷町線「天満橋駅」下車、徒歩7分。
・京阪天満橋駅下車、徒歩7分。
 錦帯橋(山口県岩国市)
                       
・つぼみ(9月5日)

<桜の名所・錦帯橋とは>
錦帯橋は、錦川に架かる全長193mの木造の5連アーチ橋。
この錦帯橋が架かる錦川の両岸に、ソメイヨシノを中心とする約3千本の桜が咲き誇ります
       
<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月上旬

<前年の場合>
2017年は3月31日に開花し、4月7日に満開を迎え、4月11日まで満開が続きました。
4月12日から散り始めました。

<場所・アクセス>
■山口県岩国市
・岩国駅からバス、錦帯橋下車。
・新岩国駅からバス、錦帯橋下車。

 ・ 桜名所情報
 ・ 京都・桜見頃情報
 ・ 桜開花情報・全国
 ・ 桜開花予想

*見頃の時期は、気温の推移により変わってきます。最新の情報でご確認を。
*各名所の情報(詳細、ホームページ、場所・アクセス、入園料など)は、桜の名所情報で、ご確認を。

   ページのトップへ