桜の名所・見頃情報
    ホーム     旅・観光情報
概況(最新情報)
   
<日本を代表する名所>
弘前公園(青森県弘前市)
一本桜(岩手県雫石町)
角館(秋田県仙北市)
高田公園(新潟県上越市)
舟川(富山県朝日町)
高遠城址公園(長野県伊那市)
三多気の桜(三重県津市)
吉野山(奈良県)
   
<地域を代表する名所>
盛岡石割ザクラ(盛岡市)
市立公園展勝地(岩手県北上市)
三春滝桜(福島県三春町)
千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)
山高神代桜(山梨県北杜市)
根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)
造幣局の桜の通り抜け(大阪市)
錦帯橋(山口県岩国市)
  
<京都の桜名所>
京都の桜・見頃情報へ
   
<開花予想>
桜開花予想と生理
 概況(最新情報)
                       
<最新情報>
来年(2019年)の春に咲く花の花芽が出来ています。
       
風景
桜の花芽:8月14日、京都市
      
<2018の場合>
寒冬の影響で、休眠打破がかなり早くなりました。
その後、気温低めが続くも、2月末から全国的に気温が急上昇しました(平年と比べ2℃~3℃高い)。
      
この気温上昇を受け、3月15日、全国のトップをきって、高知でソメイヨシノが開花しました。
     
その後、続々と西日本、東日本で、桜の開花が進みました。
平年と比べ、4日~12日程度早い開花。
     
4月6日に、全国的に雨(地域によっては大雨)となり、散った名所が多数でました。
また、4月5日以降は全国的に気温低めに変わり、雨(4月6日)の影響が少なかった地域では、長く見頃が続きました。

北日本の開花は、気温高めの影響で、平年より4日~8日、早くなりました。
 弘前公園(青森県弘前市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
   
*満開は平均3日間続き、その後3日間は花吹雪と花筏が見られます
*2019年の弘前さくらまつりは 月 日~ 月 日
       
<平年の見頃時期>
■4月下旬~5月上旬

<前年の場合>
2018年は、4月20日に開花し、22日に満開となり、27日まで満開が続きました。

<桜の名所・弘前公園とは>
弘前公園(桜の名所)
 一本桜(岩手県雫石町)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■5月上旬~5月中旬
*盛岡市のソメイヨシノより、約2週間遅い

<前年の場合>
小岩井牧場によると、2018年は4月26日に開花し、4月28日に満開となり、満開は5月2日まで続きました。
花付きも、天候も良く、当たり年となりました。
       
<一本桜>
小岩井農場の樹齢100年を超える桜(エドヒガン)。
岩手山をバックに、一本の巨木が咲き誇っている姿は、日本を代表する桜の景観です。

<場所・アクセス>
■岩手県雫石町丸谷地36-1
・JR盛岡駅から、バスで35分(小岩井農場まきば園行き、あるいは網張温泉行き)。
 角館(秋田)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
     
<平年の見頃時期>
■4月下旬~5月初旬
*秋田市のソメイヨシノと比べ、約1週間遅い

<前年の場合>
2018年は、4月22日に開花し、4月25日に満開となり、4月28日まで満開が続きました。

<桜の名所・角館とは>
角館(桜の名所)
 高田公園(新潟)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
       
<平年の見頃時期>
■4月上旬~4月中旬

<前年の場合>
2018年は3月31日に開花し、4月4日に満開を迎え、4月9日まで満開が続きました。

<桜の名所・高田公園とは>
高田城百万人観桜会
 舟川(富山県朝日町)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬
*富山市のソメイヨシノと比べ、約3日遅い

<前年の場合>
2018年は3月31日に開花し、4月4日に満開を迎え、4月9日頃まで満開が続きました。

<桜の名所・舟川とは>
桜の名所情報
 高遠城址公園(長野)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬

<前年の場合>
2018年は4月1日に開花し、4月5日に満開となり、4月10日まで満開が続きました。

<桜の名所・高遠城址公園とは>
高遠さくら祭り
 三多気の桜(三重)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
       
<平年の見頃時期>
■4月中旬

<前年の場合>
2018年は、標高の低い場所では、3月30日頃から開花し、4月3日頃から見頃となり、4月5日頃まで見頃が続きました。
  
茅葺き屋根付近は、4月2日に開花し、4月4日頃から見頃となり、4月6日まで見頃が続きました。
4月6日に大雨となり、一気に散りました。
  
*気温高めと大雨(4月6日)の影響で、見頃が短い年となりました

<三多気の桜とは>
桜の名所情報
 吉野山(奈良)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
    
*一般的には、中千本と上千本が見頃を迎えた時が、見頃のピークです

<平年の見頃時期>
■4月上旬~4月下旬

<前年の場合>
2018年の下千本は3月27日に開花し、3月31日に満開となり、4月5日まで見頃が続きました。
中千本は3月28日に開花し、4月1日に満開となり、4月5日まで見頃が続きました。
   
上千本は4月1日に開花し、4月3日に満開となり、4月6日まで見頃が続きました。
奥千本は4月4日に開花し、4月7日に満開となり、4月12日まで見頃が続きました。
 
<吉野山とは>
桜の名所情報
 盛岡石割ザクラ(盛岡市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■4月中旬
*盛岡市のソメイヨシノ開花と同じか1日、2日早い

<前年の場合>
2018年は4月13日に開花し、4月20日に満開となり、4月24日まで見頃が続きました。
気温が急激に高くなったため、見頃期間の短い年になりました。
     
<盛岡石割ザクラとは>
石割桜(いしわりざくら)は、巨大な花崗岩の割れ目に生えている樹齢350年を超えるエドヒガンザクラ。
盛岡地方裁判所構内(盛岡市)にあり、国の天然記念物。

<場所・アクセス>
■岩手県盛岡市・盛岡地方裁判所構内
・JR盛岡駅から徒歩約20分。
 市立公園展勝地(岩手県北上市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■4月中旬~5月初旬

<前年の場合>
2018年は、4月13日に開花し、4月20日に見頃となり、26日まで見頃が続きました。
(満開は4月20日~4月24日)

<市立公園展勝地とは>
北上展勝地さくらまつり
 三春滝桜(福島県三春町)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■4月中旬~下旬

<前年の場合>
2018年は4月2日に開花し、4月6日に満開となり、4月11日まで満開が続きました。
   
<三春滝桜とは>
福島県三春町に所在する、樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ。
国の天然記念物で、日本三大桜の一つ。
      
樹高12m、枝張り東西に22m、南北18m。
例年4月中旬に見頃を迎え、薄紅の花が流れ落ちる滝のように咲き誇ります。
■観桜料…一人300円

<場所・アクセス>
■福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地
・JR磐越東線・三春駅から約8km。
*観桜期には、駅から有料シャトルバスが運行されます
 千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
   
*千鳥ヶ淵緑道は、混雑時には入場制限がかかる場合もあります
       
<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月上旬
*東京のソメイヨシノの開花とほぼ同じ時期です

<前年の場合>
2018年は3月17日に開花し、25日に見頃を迎え、29日頃まで見頃が続きました。

<桜の名所・千鳥ヶ淵緑道とは>
千代田のさくらまつり
 山高神代桜(山梨県北杜市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)
       
*樹齢2千年を超える桜で、見頃の期間が長い桜です。ソメイヨシノより先に見頃を迎え、ソメイヨシノが散ったあとも見頃が続いています

<平年の見頃時期>
■3月下旬~4月中旬
*ソメイヨシノより先に見頃となり、ソメイヨシノが散ったあとも咲いている、見頃の期間が長い桜です

<前年の場合>
実相寺によると、2018年は3月27日に開花し、3月30日に満開を迎え、4月6日まで見頃が続きました。
4月6日の雨で、一気に散ってしまいました。

<山高神代桜とは>
山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラ。
樹齢1800年とも2000年ともいわれ、国指定の天然記念物である。
樹高10.3m、幹周り11.8mで、日本最古で最大級の巨木。
         
神話の武将・日本武尊が東征の折に植えたといわれ、これが名前の由来となっている。
三春滝桜(福島県三春町)、根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)とともに、日本三大桜の一つ。
      
<場所・アクセス>
■山梨県北杜市武川町山高
・中央本線・JR日野春駅から西に約3km。
*駅からタクシーで15分、約2000円
       
・JR韮崎駅から山交タウンコーチ・下教来石行きに乗車、牧の原で下車、徒歩30分。
 根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■4月上旬~中旬

<前年の場合>
2018年は、3月29日に開花し、4月1日に満開を迎え、4月6日まで見頃が続きました。
4月6日の雨で、一気に散りました。

<根尾谷淡墨桜とは>
岐阜県本巣市の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラ。
       
淡墨桜の花は、蕾のときは薄いピンク、満開時は白色、散りぎわには淡墨色となります。
淡墨桜の名は、散りぎわの花びらの色に因みます。
       
樹高16.3m、幹囲9.9m。
福島県三春町の三春滝桜、山梨県北杜市の山高神代桜とともに、日本三大桜の一つ。
     
<場所・アクセス>
■岐阜県本巣市根尾
・大垣駅で樽見鉄道に乗車。終点・樽見駅で下車、徒歩15分。
       
*樽見鉄道で約1時間。運行本数が少ないので注意を
 造幣局の桜の通り抜け(大阪市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<平年の見頃時期>
■4月中旬
*造幣局は里桜(八重桜)の名所です。ソメイヨシノが散り始めた頃に開花します

<前年の場合>
2018年の通り抜けは、4月11日~4月17日。
初日から見頃となり、4月14日まで見頃が続きました。
14日から15日かけての雨で、一気に散りました。

<造幣局の桜の通り抜けとは>
造幣局・桜の通り抜け
 錦帯橋(山口県岩国市)
                       
・つぼみ(11月13日現在)

<桜の名所・錦帯橋とは>
錦帯橋は、錦川に架かる全長193mの木造の5連アーチ橋。
この錦帯橋が架かる錦川の両岸に、ソメイヨシノを中心とする約3千本の桜が咲き誇ります
       
<平年の見頃時期>
■4月上旬

<前年の場合>
2018年は3月26日に開花し、3月29日に見頃となり、4月3日まで見頃が続きました。

<場所・アクセス>
■山口県岩国市
・岩国駅からバス、錦帯橋下車。
・新岩国駅からバス、錦帯橋下車。
 2019開花予想
                       
<2019年の開花予想>
10月にエルニーニョ現象が発生しました。
気象庁は、2019年の春まで続く可能性が高い(70%)が高いと判断しました。
    
エルニーニョ現象が発生すると、「夏は冷夏、冬は暖冬」傾向にあります。
     
2019年の冬が暖冬になると、花芽の休眠打破は遅くなります。
一方、暖冬になると、休眠打破後の花芽の生長は早くなります。
  
■九州、高知など(休眠打破の早晩が開花の早晩を決める地域)は、平年並か遅くなる予想です。
         
■中国、四国(高知を除く)、近畿、東日本(休眠打破の早晩と2月以降の気温が開花を決める地域)は、平年並の予想です。
          
■北日本、長野(3月以降の気温の推移が開花を決める地域)も、平年より早くなる予想です。
         
*予想は2018年7月2日現在。
*詳しい開花予想については、「桜開花予想」へ
*予想方法や桜開花(生理)については、「桜開花予想」へ

 ・ 桜名所情報
 ・ 京都・桜見頃情報
 ・ 桜開花情報・全国
 ・ 桜開花予想
桜
弘前公園:©弘前市

*見頃の時期は、気温の推移により変わってきます。最新の情報でご確認を。
*各名所の情報(詳細、ホームページ、場所・アクセス、入園料など)は、桜の名所情報で、ご確認を。
桜
京都・哲学の道
桜
京都・哲学の道

桜
角館:©秋田県観光連盟
桜
舟川:©富山県観光連盟
桜
京都・祇園白川
桜
京都・祇園白川
桜
京都・祇園白川
桜
東京・千鳥ヶ淵:©旅々
桜
山口・錦帯橋:©岩国市
桜
大阪・造幣局
桜
大阪・造幣局
桜
大阪・造幣局
   ページのトップへ