くにゅーニュース(Qnewニュース)
ホーム 経済トップ 日本の資産 雇用・物価 政策指標 日本の景気 国際収支
政策指標
  
■金融政策指標・概況
■金融政策指標
マネタリーベース、マネーストック、日銀当座預金残高
■解説・金融政策指標とは
■解説・資産買い入れとは
■解説・マイナス金利とは
 金融政策関連指標・概況
                       
・インフレ率2%を目標に、日銀による金融緩和が行われています。
具体的には、日銀当座預金の一部にマイナス金利適用と、長期金利が0%で推移するよう国債の買入れが行われています。

マネタリーベースは前年比6.0%の伸びに対し、マネーストック(M3)は前年比4.1%の伸びとなっています。
    
・6月のマネタリーベース(平均残高)は、544兆233億円。
前年比6.0%の増加。
   
・現在のインフレ率(消費者物価)はマイナス値(-0.2%)となり、目標(インフレ率+2%)が遠い状況。

・日銀当座預金の一部にマイナス金利が適用されていますが、プラス金利が適用されるものや、ゼロ金利が適用されるものもあり、全体的な当座預金の金利(平均金利)は、現在、+0.05%となっています。
 政策指標
                       
・インフレ率2%を目標に、日銀による金融緩和が行われています。
具体的には、日銀当座預金の一部にマイナス金利適用と、長期金利が0%で推移するよう国債の買入れが行われています。
      
■マネタリーベース
・6月の平均残高…544兆233億円(+6.0%)
・6月末時点…565兆2339億円
<内訳:6月末時点>
・日本銀行券…113兆2780億円
・貨幣…4兆9363億円
・日銀当座預金…447兆196億円
     
*マネタリーベース…中央銀行が供給する通貨のこと
*2020年7月2日、日本銀行
     
■マネーストック:2020年5月
・M3…1417.5兆円(+4.1%)
     
*マネーストック…通貨総量。複数の指標が存在しますが、日本ではM3が使われます。
*M3=現金通貨+預金通貨+準通貨+CD(譲渡性預金)
*2020年6月9日、日本銀行
     
■日銀当座預金
・5月の平均残高…419兆5810億円
(このうち付利の対象397兆5370億円)
      
<内訳>
・プラス金利…208兆750億円(52.3%)
・ゼロ金利…163兆2830億円(41.1%)
・マイナス金利…26兆1790億円(6.6%)
      
*プラス・ゼロ金利適用には被災地支援オペなど特殊な積み上げがあります。上記の数値は特殊な積み上げを外した適用額で、実際の適用額とは異なります。実際のマイナス金利適用額は、4月時点で約12兆円
*カッコ内は、当座預金に占める割合
     
*日本銀行当座預金…金融機関が日銀に預けている当座預金のこと。3つの種類に分かれ、プラス金利(+0.1%)、ゼロ金利、マイナス金利(-0.1%)が適用されます
*2020年6月16日、日銀
 金融政策関連指標とは
                       
金融政策に直接関連のある統計指標です。
   
具体的には、マネタリーベース、マネーストック、日銀当座預金残高が該当します
マネタリーベースは、中央銀行が供給する通貨のこと。
     
マネーストックは、通貨の総量。金融機関と中央政府を除いた経済主体が、保有する通貨の合計です。
  
日銀当座預金は、市中の金融機関が日銀に預けている当座預金のことです。
    
現在、マネタリーベースを増加され、マネーストックを伸ばす金融政策が行われています。
    
また、日銀当座預金の一部に、マイナス金利を導入し、資金の循環(お金が回る)を良くする政策が行われています。
 金融政策・資産買い入れとは
                       
インフレ率2%を目標に、日銀が行っている金融緩和政策です。
    
具体的には、長期金利が0%で推移するよう国債の買入れ(年間増加80兆円を目途)が行われています。
  
政策として、マネタリーベースを増加させています。
これを受けて、マネーストックも伸びてはいますが、前年比2%台の伸びに留まっています。
   
かつて、アメリカが金融緩和(QE3)を行なった時は、マネーストック(M2)の伸びは前年比8%を超えました。
 
マネーストックの伸びが、マネタリーベースの増加と比べて低いのは、お金が増えた(増収の)ときに「使う国民」と「貯金する国民」の差だとも言われています。
 金融政策・マイナス金利
                       
金融機関などのお金が預金されている日本銀行の当座預金に、マイナス金利を導入した政策。
   
それ以前は、日本銀行の当座預金には、プラス金利とゼロ金利のみが適用されていました。
   
2016年1月の日銀・金融政策決定会合で、日銀当座預金にマイナス金利導入が決まり、実施されています。
       
金融機関のお金が日銀当座預金に留まって、「お金が回っていない」状況を打破するための政策ですが、現時点では、悪い影響も出ています。
 
強引な貸し出しや銀行の処理負担増加など。
   
*日銀当座預金へのマイナス金利導入は、2016年1月29日の金融政策決定会合で決まりましたが、賛成5人、反対4人の僅差での決定。
反対意見としては、複雑な仕組みが混乱を招く惧れがある、実体経済に大きな効果をもたらさない(国債買い入れだけで十分)などの意見が出ました。

日銀
画像:日本銀行大阪支店
    ページのトップへ